本文へスキップ

MMG NEWS

MMG NEWS

  

海外進出意欲は横ばい 輸出重要国は中国 − ジェトロ (2019/03/22)

 ジェトロでは、海外ビジネスに関心の高い日本企業10,004社を対象にアンケート調査を実施、3,385社から回答を得た。調査結果のポイントは◎輸出、海外進出の拡大意欲はほぼ横ばいに推移、拡大先に中国を選ぶ企業の比率が上昇◎24%の企業が今後、保護貿易主義による負の影響を予想、その7割は対応策を検討◎海外向け販売のEC利用が拡大、約6割の企業は利益・メリットを実感、となっている。
 詳しく見ると、今後、最も重視する輸出先については、輸出の拡大を図る企業の28.1%が中国と回答。次いで、米国(14.7%)、ベトナム(8.0%)と続く。
 国内拠点で「外国人を雇用している」企業の割合は45.1%と、前年(45.4%)並みの水準を維持した。今後採用を検討したいと回答した企業は前年に比べ増加した(前年15.7%→17.8%)。
 販売でECを利用する企業のうち、海外向け販売のEC利用企業は52.8%で、16年度の前回調査(47.2%)を上回った。海外販売の内訳をみると、日本国内から海外への販売(越境EC)で利用したことのある企業は40.3%と、前回調査から9.4%ポイント上昇した。海外拠点での販売は22.8%で横ばいだった。企業規模による格差が顕著となった。


一覧